情報サイトを使い希望していた条件で薬剤師として転職できました

薬剤師として転職するには

大学を卒業してしばらくは就職浪人をしていましたが、インフルエンザにかかったとき、優しくしてくれた薬剤師のことが忘れられず、就職が決まっていた営業職を半年で辞めて転職することにしました。大学は薬学部とは関係のない学部を卒業していたため、まずは大学を入り直すことにしました。6年後無事に卒業した私は早速転職活動を開始しました。重点に置いていたのは医師と患者の橋渡しです。従来の薬剤師は医師の言いつけを忠実に守るのを良しとしていたのですが、薬剤師としての視点から患者に寄り添うことが出来ると思った私は、営業で身につけたトークを活かして面接でアピールしました。すると数社から採用通知をもらったので、その中で最も企業理念が私が意図するやりがいと近い会社を選択した次第です。入ってしばらく経ちますが、患者に対してはどうして医師がその薬を出したのかその意味を伝えています。患者がよく分からないと言われたらそれが説明して理解してもらえるよう出来るだけ平易な言葉で分かり易く話すよう心がけているお陰で、毎日感謝のメールが職場に届きます。最終的に治るのが一番ですが、すぐにどの病気でも治るわけではありませんが、少しでも理解してもらえればと思っています。

子供の頃から薬剤師になりたくて頑張った就職した職場は給料も安く労働環境も良くない薬剤師の転職をした時の体験談専門転職サイトに登録し無事に希望の所に転職  ❚ 薬剤師として転職するには